品質・環境の取り組み | 大垣電機株式会社

品質・環境の取り組みCORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

about ogaki electric 大垣電機について

社会環境との共生SOCIAL ENVIRONMENT

環境保全に向け、汚染の予防・環境美化に取り組み、
地域・社会の環境ニーズに対し共生義務を果たします。

業務品質の有効性BUSINESS QUALITY

ISO9001及びISO14001に合致し構築した業務システムにより目標を達成し、品質目標に非効果、
非効率あるいは不備が確認された場合は、業務システムを継続的に改善することにより、
業務品質の新鮮さと有効性を保ち続けます。

経営資源・環境資源の有効活用MANAGEMENT & ENVIRONMENTAL RESOURCES

経営資源である人財・資金・物的資源、
また私たちの限りある環境資源を配慮し、有効的に活用します。

お客様第一主義CUSTOMER FIRST

お客様のニーズの対応し、信頼され満足していただける製品を提供するため、
品質管理の大原則であるお客様第一主義に徹します。

CUSTOMER FIRST

how to CSR 品質・環境統合方針

我々は

お客様第一主義に徹し

お客様のニーズに対応し、信頼され、満足していただける製品を提供するため、
品質管理の大原則として「お客様第一主義」に徹します。

経営資源・環境資源を有効活用し

経営資源である人財・資金・物的資源、また私たちの限りある環境資源を配慮し、有効的に活用します。

IMSの継続的維持・改善により

ISO9001、ISO14001規格要求事項を満たした統合マネジメントシステム(IMS)を
当社の業務システムの根幹として捉え、継続的維持・改善し、
本事業と確実に合致させて運用します。

社会環境との共生と

法令順守はもちろん、汚染予防、環境美化など社内外における環境保全に取り組み、
お客様および地域・社会の環境ニーズに対し共生義務を果たします。

業務品質の有効性を保ち続ける

モアファイブ

“より良いものを、より多くのお客様に、よりローコストで、より速く、より確実に!”

で製品を提供するために、状況に応じて的確な目標を設定、改善し、IMS並びに各プロセスにおける
業務システムを向上することで、業務品質の有効性を保ち続けます。

QA-OM8540JQA-EM5451本社・工場

2016年7月1日
代表取締役社長 梅村 幸正

品質・環境活動の報告

・環境活動報告(PDF)